FC2ブログ

一期一会

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

Read More

続きを読む

Click Here

喜わかつ心

[2008年4月] 「喜わかつ心」、これは円覚寺で読んだ言葉です。ここでは旧道の練習をしているところを見学することができました。 屋内での練習の様子を見てみると、的となるのは巻き藁でした。そこに「筈を見よ」と書いてありました。「筈」という漢字が読めず、縁側で弓を磨いていらした方に尋ねてみました。読み方だけでなく、「筈」というのは何のことなのか、弓について、練習について、建物について、ドイツ人哲学者オイゲン...

 29, 2008   3