一期一会 「今を大切に生きる」

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

Freedom From Body Memory : Awaken the Courage to Let Go of the PasT

20180419093658085.jpeg


過去を覚えているのは脳だけではなく、細胞や結合組織などにも記憶がるという内容の本。

ヨガの修行を通して、マインドと体の深い結び付きを認識するようになり、なんとなく気になっていたトピックだけど、この本は最近読んだ乳がんに関する本の中で紹介されていたので、凄くいいタイメミグで出会いました。益々興味が湧いています。

Freedom From Body Memory : Awaken the Courage to Let Go of the Past

関連記事

4 Comments

長谷川久美子  

To koanianiさん

確かに同じ場所、同じホテル、同じ部屋、同じ景色ですが、人も大事な要素だなと思います。派遣社員の人たちであっても、そこのホテルで心のこもったおもてなしをしてくれますように。

2018/04/23 (Mon) 18:40 | EDIT | REPLY |   

koaniani  

久美子さん こんにちは。

辞められた(解雇された)ホテルのスタッフ達は、派遣会社に登録して、継続して働く事は出来るそうですが、待遇(特にお給料)が大幅にダウンするので、誰も残らなかったそうです。

有名なホテルだけに、以前から高額での引き抜き等あったので、あえて残る事を選ばなかったそうです。

人との繋がりを強く感じるのは、日本人だからでしょうか?

同じホテルで知り合ったカナダ人のご婦人は、「スタッフや経営方針が変わっても、ホテルは同じ場所に建っていて、同じ部屋に帰れれば、それでいい。」
と、おっしゃっていました。

2018/04/23 (Mon) 17:35 | EDIT | REPLY |   

長谷川久美子  

To koanianiさん

身体の仕組みって不思議だなってつくづく思う今日この頃です。

派遣社員を使うのは経費をおさえるためなのでしょうか・・・

2018/04/23 (Mon) 10:30 | EDIT | REPLY |   

koaniani  

久美子さん こんばんは

そうらしいですよね…。
私も、薬の副作用で肝機能の数値が上がった時、マンゴーを食べ過ぎてアレルギーが発症した時にドクターに言われました。
数年間をあけても、それらの組織は覚えていて、急激に悪化するから気をつける様にと…。

いつものホテル、スタッフは外注会社からの派遣社員になるそうで、そうなると、「自分のホテル」意識はなくなり、事務的対応になりそうとの事です。
親会社の経営方針とはいえ、寂しいですね。
接客業ゆえ、コンシェルジュやドアマン達は、リピーターのお客様を覚えていての声掛けや、優遇があっただけに…。


2018/04/23 (Mon) 00:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: お勧めの本やDVD