FC2ブログ

一期一会

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

犬が躓く・・・

 Daley & Mika 122018


まさか犬が躓くなんて思ってもいなかったこと。先月の終わりにミニ旅行から帰ってきてから、愛犬ミカが左足と左足首を頻繁に舐めているので変だなと気づき、何日かすると、散歩中に爪を引きずる音が頻繁になり、時々躓くようになり、日に日に躓く回数が多くなり(特に芝生の上、でも平坦なところでも。)、ソファーやベッドへジャンプして上がると前足が曲がるようになり、上がるのも降りるのも躊躇するようになり、今月17日に獣医さんに診てもらいました。

予約の日がくるまで、ネットで調べると、可能性について色々と書かれていましたが、老化現象で最悪の場合だと、後半年ぐらいでにかなり体が不自由になってしまうようなことも書かれていて、すごく心配でした。ミカは約8才の中型犬。

獣医さんは、診察室でミカの様子をしばらく見てから、体、特に肩の辺りを念入りに触って、炎症が起きていてタイトになっていると診断してくれました。炎症が起きているので、脊髄に影響を与えて、前足へのシグナルが届きにくくなっているようだとのことでした。原因は分からないけれど、広東住血線虫症(rat lungworm disease)の可能性もあると言われました。

診察室ではコルチゾンの注射を打ってもらい、家ではステロイド系抗炎症薬デキサメタゾン(Dexamethasone)と抗生物質トリメトプリム(Trimethoprim)の錠剤を飲ませるようにと言われました。

調べてみると、デキサメタゾンは炎症の原因に関係なく炎症反応・免疫反応を強力に抑制する薬で、トリメトプリムは静菌性の抗生物質、合成抗菌薬のようです。

数日の間に、躓きもなくなり、動きが元のハツラツとした動きに戻り、自信も取り戻したようです。薬は明日で全部飲み終わるけれど、このままでいてくれますように。次に獣医のところに行くのは次は1月7日。
関連記事

2 Comments

長谷川久美子  

 Sanaちゃん

さなちゃん、お久しぶり!元気?

Mikaがいなくなちゃったら、どんなに悲しいかって、真剣に考えたよ、今回。かなり精神的に依存してる。

いよいよ2019年も終わってしまうね。よいお年をお迎えくださいね。

2018/12/28 (Fri) 21:30 | EDIT | REPLY |   

Sana  

久美ちゃん、おひさしぶりです。
ミカが元気に動けるようになって本当によかった!
老化は仕方がないけれど、あの少し困ったような?愛らしいお顔で痛みに耐えていたのかと思ったらかわいそうで今すぐギュッと抱きしめたくなっちゃう。会いたいです。
このまま何もなく過ごせますように・・・
久美ちゃんも体を大切に、よいお正月を迎えてくださいね♪

2018/12/28 (Fri) 19:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: 日々の出来事&思った事