FC2ブログ

一期一会

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

ミカの状態

For Mika

愛犬ミカは、薬が切れてから、また少しつまづくようになったので、獣医さんのアポの日まで、同じ薬を2倍に飲むようにと言われ、追加でもらいにいきました。この薬の副作用で、呼吸が速くなっていたので心配でした。

7日に獣医さんに診てもらい、まだ首から肩辺りに炎症があるみたいだねと言われ、長期でも使える薬をもらいました。ステロイド系抗炎症薬薬のプレドニゾロン(prednisolone)で、2日に一錠飲みます。9日からその薬を飲み始めましたが、この薬の副作用も呼吸が速くなったり、喉が渇いたりするようです。体の調子は良さそうで、もう一匹のデイリーとじゃれ合っていて、スローダウンしないとまた調子が悪くなるよ!と注意したぐらいです。久しぶりにソファーから別のソファーまでジャンプしていました。

この薬が効いている間に、炎症がなくなりますように。次に獣医さんに診てもらうのは2月11日。

獣医さんたちは、直接言葉でコミュニケーションが取れない患者ばかり。すごいなぁ。だけど動物たちは、身体で表現してるし、動物たちの人間の家族は、我が身のように接してるから、ある程度は代わりにコミュニケーションがとれてるのかも?

関連記事

2 Comments

長谷川久美子  

To koanianiさん

ジョニー君、すごく賢い子だったんですね。亡くなる前の日にkoaniani さんのお部屋に入りたかったのは、koaniani さんとの思い出を大切にしていたからなんでしょうね。愛を感じます。

2019/01/12 (Sat) 05:59 | EDIT | REPLY |   

koaniani  

久美子さん こんばんは

ミカちゃんは、お姉さんの方ですよね…。
心配ですね。
良くなる様祈っております。

私が中3の時、私の弟になったヨーキーのジョニーは、言葉が話せない3歳児の子供そのものでした。
母と私の会話を理解しているので、ジョニーに関する言葉は、声に出せませんでした。
大好きな「おんも(お散歩の事)」「赤(おやつのフードの色)」
嫌いな「ブラッシング」「シャンプー」等。
そして、高校の3年間は、毎朝同じ時間に私を起こす事と、私の帰宅時間5分前には、玄関の出窓でお迎え。これらは、母に言われての行動ではなく自主的に。
そして東京にでてからの帰省時にも、前日の母との電話を聞き、朝から玄関の出窓から表を見ているわんこでした。
13歳で老衰で亡くなる前日、私の部屋のドアの前で開けてとアピールし、私の部屋の中を一周して出てきたそうです。
きっとジョニーにとって私は姉ではなく、妹だったのかも…。

2019/01/12 (Sat) 03:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: 日々の出来事&思った事