一期一会 「今を大切に生きる」

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

勝利を得る人は・・・(ヴィンス・ロンバルディの名言)

Winners never quit and quitters never win.
勝利を得る人は絶対にあきらめない、簡単にあきらめる人は絶対に勝たない。
~Vince Lombardi~


ポジティブな波動を伝えるために、ゆったり・のんびりとしたハワイ島東海岸のヒロよりアロハをこめて発信しています。
関連記事

6 Comments

Kumiko  

Rieさん、石川貴章著の「アメリカ環境保護区2万マイルを行く」ですね。私も読んでみますね。

私はエコバッグがあるにもかかわらず、持っていくのを忘れるときがあるので、そこをなんとかしないとなって反省しています。

3月か4月にハワイ島にいっらっしゃるんですか。タイミングが合いますように。私は4月11日から17日まで日本に行く予定ですよ。(旅券はまだ確保していないんですが・・・)

2008/01/25 (Fri) 22:27 | EDIT | REPLY |   

rie  

こんにちは長谷川さん!
マウナケアの山頂、凍える寒さ、手は大丈夫ですか?暖かいハワイで頂上は雪、ビーチに向えば泳げる・・・自然って不思議です。私は年始に手帳に、今年のする事の一つにマウナケアに登ると書きました。(3月か4月に予定・・)その時はガイドお願いします!
昨年夏~秋にかけてトレッキングを始め、気持ちよい空気と自然に癒されました。そうしていると、癒されるだけでなく自分が自然に対して何ができるのか関心をいだき、ゴミ拾いハイキング、レジ袋の削減、環境に配慮したドライブなど。まっだまだ出きる事ありそうです。
今日、石川貴章著の「アメリカ環境保護区2万マイルを行く」を読み終えたのですが、動物、植物、人間すべて共存している地球で、環境問題って人間社会が相手なのだなぁと感じました。読んで、胸が痛かった。今、この世を生きる人間として100、200年先につながる様に植物や動物、自然を守る一員として行動したいと思います。
長谷川さんのツアーを通し、一人でも多くの方にエコに関心を抱いていただきたいなと、改めて思いました。
私もハワイの自然が大好きなのです。

2008/01/25 (Fri) 21:14 | EDIT | REPLY |   

Kumiko  

Rieさん、家の外は雪、家の中はハワイアン・ミュージックっていうのもいいなあ。

私は兵庫県加古川市出身で、そこは雪はちょっとしか降らないというところで、雪はあまり体験していないのですが、数年前にニューヨーク州の北部で、降る雪が全て雪の結晶というのを初体験しました。そのときの感動は、ものすごく大きな感動でした。

昨日の夕方はマウナケアの山頂部を歩いたのですが、雪が沢山積もっていて(深くはないですが)、風が強くて、凍える寒さでした。特に手は凍ってちぎれてしまうのではないかっていう感じでした。手袋を忘れていったのは失敗でした。(うっかり者の私は忘れ物が多いのです・・・)


2008/01/22 (Tue) 21:38 | EDIT | REPLY |   

rie  

Big islandから温かいコメントありがとうございます。
ハートは距離ではないなーと感じます。
コメントを読んで笑顔と涙が自然とでてきました。感動の涙って有難いです!こちらこそとってもとっても嬉しいです :‐)
現在私の住んでいる地域は今朝から雪が降り続いてまして、一面真っ白!で、Hawaiian105KINEを聴きながら時間をすごしてます。なかなか素敵です。

心をこめてaloha

2008/01/22 (Tue) 19:12 | EDIT | REPLY |   

Kumiko  

Rieさん、はじめまして。Rieさんのコメントを読んで、目頭が熱くなりました。とてもうれしいです。

「自分らしく、笑顔で・・・」っていうのを、私も心がけています。あきらめるのはもったいないですよね。

地球が生きているマナを感じ取ると、周りからのパワーをもっと受けるようになるし、自分からのパワーもどんどん出てきますね。

2008/01/20 (Sun) 20:45 | EDIT | REPLY |   

rie  

はじめまして

自然環境の事、自分らしく、笑顔で・・生きていきたいと改めて思っていたら、今日はじめてこのサイトにたどり着きました。私、自分にあきらめないでいこうと思います。

今、一番行きたい場所が、Hiloなのです。
地球が生きているマナを感じたいです。

これからも長谷川さんのblogから前向きパワーを頂きます。

2008/01/20 (Sun) 19:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: 心に響く言葉