一期一会 「今を大切に生きる」

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

喜わかつ心

enkakuji 2

[2008年4月]

「喜わかつ心」、これは円覚寺で読んだ言葉です。

ここでは旧道の練習をしているところを見学することができました。 屋内での練習の様子を見てみると、的となるのは巻き藁でした。そこに「筈を見よ」と書いてありました。「筈」という漢字が読めず、縁側で弓を磨いていらした方に尋ねてみました。

読み方だけでなく、「筈」というのは何のことなのか、弓について、練習について、建物について、ドイツ人哲学者オイゲン・ヘリゲル氏(弓の名人阿波研造氏とオイゲン・へリゲル氏の写真)が使っていた弓についてなど、優しく丁寧にとても美しい日本語で教えてくださいました。

弓道は心と人格を磨く道。とても興味がわきました。

さて「筈(はず)」というのは、弓に矢をつがえるとき、弦からはずれないために、矢の末端につけるもので、矢の末端のことも「筈」といいます。「矢筈」ともいいます。私はこの漢字を読めませんでしたが、日常生活でよく使っている言葉であるということを教わりました。「そんなはずがない」の「はず」は、矢の「筈」が語源なのです。矢の筈と弦とが合うことから「当然のこと、道理、わけ」という意味を表す言葉として「筈」が使われています。

kyudou

関連記事

3 Comments

Kumiko  

弓道

私は、この歳になるまで、弓道に縁がありませんでした。今回鎌倉の円覚寺に行ったことにより、目の前で練習していらっしゃる姿を観て、話を聞かせていただき、弓を触らせていただきく機会ができたので、すごく感動しました。

自分を否定されるのがいやで、自分探しのために、自分らしく生きるために、日本を飛び出してしまった自分ですが、やっと自分の中に眠っていた日本人としての私が目を覚まし始めました。日本の自然と、そこで育まれた文化にもっと目を向けたいなと思います。

2008/04/28 (Mon) 08:13 | EDIT | REPLY |   

Mami  

懐かしいです、弓道。

高校の時に弓道部があり、友達が弓道部だったこともあり、よく見学に行ってました。
袴の姿を見て、私も入ればよかったと思っていたものです。
女の人が弓を引く姿もなかなかかっこいいですよね!!
興味があることを詳しく説明してくださる方がいて、ラッキーでしたねe-278

2008/04/28 (Mon) 03:25 | EDIT | REPLY |   

Lilikoi  

納得!

はず!意味を聞くと全くそのとおり!
言葉って凄いですね♪

いつも勉強になります!
とても親切に教えてくださる方に出会うって素晴らしい事。
きっと聞かなかったそこで終わってしまいますものね。
ありがたや・ありがたや

2008/04/27 (Sun) 22:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: 旅行記 日本 2008年