一期一会 「今を大切に生きる」

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

日本: 旅路で出会った植物・タンポポ

tanpopo

[2008年4月]

子供の頃、よくタンポポの花を摘んだものです。長くストローのような花茎をとって、端を細かく裂いて口の中に入れて、細かく切った部分がだんだんそり返って放射状に広り、それがくるっと丸くカールしてくるのを楽しんだり、花茎を数センチに切って笛を作ったり、綿毛をふっと息を吹きかけて飛ばしたりもしました。やわらかくほのかなタンポポの香りが懐かしいです。

子供の頃に摘んだタンポポは日本在来種のタンポポだったのでしょうか、それともセイヨウタンポポだったのでしょうか。その当時は何も知らなかったです。大人になってから日本在来種のタンポポが減少しているという話を聞くようになりました。

見分け方については、これまで知りませんでした。今回日本に行ったときに教わりました。総苞片(つぼみを包んでいた花序の下部の苞を総苞といい、個々の総苞を総苞片という)が反り返っていないのが在来種で、反り返っているのが外来種です。

この写真のタンポポは在来種のようです。でも在来種にも色んな種類があるそうです。

タンポポの英名はdandelion。フランス語で「ライオンの歯」を意味するdent-de-lionに由来するそうです。ギザギザした葉を見ると納得できます。

タンポポの観察
TBS 絶滅の危機にある動植物たち:第2回 タンポポ戦争の事実
タンポポ調査・近畿2005(これがタンポポだ!似た種類との識別法)  
タンポポ調査・近畿2005(タンポポの種類分け・在来種と外来種の見分け方)
 タンポポについて


関連記事

3 Comments

Kumiko  

薬草としてのタンポポ

今度日本に帰ったときには、もう一度タンポポをじっくりと観察してみたいです。初心者なので、まずは在来種と外来種の区別から。で、次には在来種の見分け方。面白いだろうなあ。参考になるリンクをこのブログ記事に追加したので見てくださいね。

タンポポって利尿剤となるそうですね。胃や肝臓や胆嚢にもいいって聞きました。

真っ直ぐ歩けなくなってしまったウサギにも効いたんですね。色んな効果があるんですね。

植物が持つ不思議な力って、ほんとすごいですよね。

私に在来種と外来種の見分け方を教えてくださったのは、大内先生です。ほんと、大内先生のツアーに参加したいですよね。

2008/05/18 (Sun) 12:16 | EDIT | REPLY |   

Mami  

タンポポも微妙に違うのですね。

へぇ~!!またまた新たな発見です。
次にタンポポ見るときは外来種かどうか確実にチェックしていると思います!!
そして人に説明なんかしているかもしれません(笑)

2008/05/18 (Sun) 04:31 | EDIT | REPLY |   

Lilikoi  

大切に守らないと♪

飼っていたウサギが真っ直ぐ歩けなくなったことがあります。
三半規管がおかしくなったらしいのですが、
子ども達があまりにかわいそがるので母が知り合いに聞いてきたところ、
日本在来種のたんぽぽを食べさせたら治るとのこと。
公園などから摘んできて食べさせ庭にも植えて・・・
治ったのです。真っ直ぐ飛び跳ねられるようになりました♡
不思議な力を持っているのですね。
ウサギのピーちゃんには、セイヨウタンポポではなく
日本在来種のタンポポが良かったみたいです。

今は国々の間を色々なものが持ち込み持ち込まれるのが当たり前になって、
共存できるものは良いですが従来の物が脅かされる状態は見逃せないですよね。
守って行かないといけない物たくさんありますよね。
小さな力でも集まれば大きな力に、
少しづつでもみんなが気が付いていってくれると良いですね。

南部さんが夏にツアーを考えておられましたがどうなったのでしょう。
参加してみたいです。

2008/05/18 (Sun) 00:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: 旅行記 日本 2008年