FC2ブログ

一期一会

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

福留・日岡神社

omoide

私の実家のすぐ側にあるお宮の本堂の裏にあるブランコです。鉄棒やら、平均台やら、馬とび用のタイヤや、シーソーやら色んなものがあります。

小学生のころ、暗くなるまでそこで遊んでいました。私の三人の娘達も小さい頃は毎年夏休みになると実家のおじいちゃんとおばあちゃんのところでお世話になったので、そこでよく遊んでいました。

今回、実家に帰ったとき、そこの桜の花が満開だったので、立ち寄ってみました。とても懐かしい想いでいっぱいでした。

このお宮の境内で、色んな遊びをしたものです。缶蹴り、かくれんぼ、鬼ごっこなど・・・楽しかったなあ。たしか「陣取り」という遊びもあったように思うのですが、どんな遊びだったか忘れてしまいました。夏には蝉取りもしたなぁ。だるまさんがころんだの関西バージョン「坊さんが屁をこいた」なんかはお宮の本堂の社殿の中でやっていました。その当時は木造の建物でした。今は雰囲気が変わってしまっていますが、とても懐かしいところです。

裏側に流れる曇り川で、アメリカザリガニやタニシやおたまじゃくしなどを捕まえて遊んだし、土手は犬の散歩コースでしたし、バッタや蛍を捕まえたことも覚えています。

このお宮はどんな神様を祭っていたのか、いつごろできたのか、まったく知りませんでした。名前すらも。

すごく気になったので調べてみました。久延毘古 独言というブログや、ひろかずのブログや、「時々刻々」 =管理人のBlog= に詳しいことが書いてありました。写真も沢山載っていました。子供のころ毎日のようにお宮で遊んでいたのに、今まで何一つ知らなかった自分に、今まで知りたいとも思っていなかった自分にびっくり。

私は中学生になってから、そこで遊ばなくなったのだから、それからもう30年もご無沙汰しているということになります。

神野村誕生
神野(かんの)・手末(てずえ)
明治の神野村

関連記事

6 Comments

Kumiko  

知れば知るほど、もっと知りたくなってきます。欲がわいてくるのかな。

子供のころの遊び、懐かしいですよね。最近の日本の子供達はどんな遊びをしているんだろう。

Mikenekoさんも、いつも真黒に日焼けしていましたか。私もです。そして今でもです。

アゲハ蝶のイモムシまで? 私、蝶や蛾の幼虫には弱いんです。首筋、背筋がぞぞぞってして・・・ だからね、とうもろこしの皮をむくときなんかも、黒いのがいたら、ぎゃ~っと叫んでしまいます。

ヤゴがトンボになった瞬間を見たんですか。私はまだ見たことがないです。「遅刻してもいいから見ていきなさい!」と言ったMikenekoさんのお母さん、とても尊敬します!

2008/06/06 (Fri) 18:24 | EDIT | REPLY |   

mikeneko  

なんだか、良くわかります。
何についても、忙しさであまり興味を持っていなかったことに,最近、知りたいモードが全開です・・・笑
鎌倉もだいぶ行ってるのに、
なにんもちゃんと知らないことに愕然としたり・・・。

書いてある子供のころの遊び
私もぜ~んぶ 経験してます♪
いつも真黒に日焼けしていました。
家にはアメリカザリガニ、オタマジャクシ アゲハ蝶のイモムシ・・・などなど
ヤゴがトンボになった瞬間を見た時は感動でした
母が「遅刻してもいいから見ていきなさい!」と言ったことを
とてもよく覚えています・・・笑

いろんなことが、今より少しのんびりしていたように思います。

2008/06/05 (Thu) 20:45 | EDIT | REPLY |   

Kumiko  

はじめまして

こんにちは、み~なさん。み~なさんが子供だった頃の東京、今とはずいぶん違うのですね。私は現在の東京しかしらないので、それもホンの1部しか知りません。昔からの東京を知っている人のお話はとても興味深いです。

2008/06/05 (Thu) 06:54 | EDIT | REPLY |   

み~な  

はじめまして…

東京に生まれ育ちましたが、子供の頃はまだそれなりに
『自然』がたくさん残ってました。
缶蹴り・鬼ごっこ・だるまさんがころんだ…
アメリカザリガニをイカの燻製でとったり…とても懐かしいです。
失ってしまってからそれらを懐かしみ、
風情のある街並みに想いを寄せている東京・・
今残っている数少なくなった『日本の自然』を大切にして欲しいと思っています。

2008/06/04 (Wed) 21:46 | EDIT | REPLY |   

Kumiko  

知ることの喜び

田舎でいやだなあって思っていましたが、風情があるのっていいなって思えるような歳になってきたようです。

でも、実家の辺りでは、住宅地だらけになってしまっているので、残念に思いますね。

神社は、これからもなくなることはないでしょうから、いつまでも思い出の場所が残るので嬉しいです。そしてそこの過去を知るとともに、その喜びを味わえるようになりました。

2008/06/04 (Wed) 17:15 | EDIT | REPLY |   

Lilikoi  

素敵なお里♪

とても歴史や風情のある町に育たれたのですね♪
日本に帰られたら、色々調べたくなって、わくわくされるのでは、
一番身近な事って、見えて無い事多いですよね♪

2008/06/04 (Wed) 16:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: 旅行記 日本 2008年