一期一会 「今を大切に生きる」

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

Happy Holloween!

dracula
さ~て、今日10月31日はハロウィーン、今年はちょっと早めで9月の終わりに装飾し始めました。2週間ブログを休んでから復活した時のブログに窓の飾りの写真を載せました

その他の装飾はというと、Happy Holloweenというサインを持ったドラキュラ君など色々とあるので、いくつかを写真でご紹介しますね。

今月第2週目から仕事の関係で約2週間ハワイ島にいた長女が、4泊だけですが自宅で過ごすことができました。

長女にとって、ハロウィーンのデコレーションで飾った自宅は何年ぶりでしょうか。7年ぶりぐらいでしょうか。「これはいつ買ったの?」「あれは?」・・・と聞かれて、「そっかあ、もうそんなに経ったんだ~」って実感しました。長女が日本に住むようになってから、クリスマスには帰ってこれても、ハロウィーンには帰ってくることはなかったのです。jack-o-lantern

日本に移ってから何年かは、次女と三女がトリック・オア・トリート(Trick or Treat)でもらってきたキャンディーの中から長女が好きそうなものを選んで送ってあげていました。次女と三女と一緒に箱に詰めたことを覚えています。何年そうしたかは思い出せないなあ。

次女が2年間日本に住んでいたときには、キャンディーを送ってあげたかな~、あ~、思い出せない。この数年間とても忙しかったから、送ってあげなかったのかも。

装飾に関しては、次女がハワイにいなかった年に買ったものもあります。去年作ったコウモリや魔女の形に切り取った窓の装飾や、プラスチック製のジャック・オ・ランターン(Jack-o’-lantern)。

娘達が小さいとき、毎年のように仮装した3人を連れてトリック・オア・トリートに連れて行っていました。田舎に住んでいたので、近所にはほとんど家がありませんでしたから、トリック・オア・トリートができませんでした。なので毎年、娘達の仮装が終わるとヒロまで来ていました。pumpkin patch

安全そうで、なおかつ沢山家が立ち並んでいる住宅地が理想的ですね。ヒロには、車道を閉鎖してくれる住宅地があります。私達は毎年そこに来ていました。

ピローケース(枕カバー)に一杯キャンディーを入れて家に持って帰り、キャンディーを全部ピローケースから床の上に出して、種類別に分けました。これは我が家の習慣というかしきたりで、楽しみのひとつでした。大きなカボチャでジャック・オ・ランターンを作る楽しみ、仮装をすることの楽しみ、トリック・オア・トリートをすることの楽しみ、食べることの楽しみ。楽しみだらけの行事。

scat
4~5年ぐらい前からでしょうか、娘たちだけでトリック・オア・トリートに出かけるようになりました。なので、私は、よその子供達が我が家にトリック・オア・トリートに来るの待ち、キャンディーをあげる立場になりました。これもなかなか楽しいです。

娘達が小さかったころを懐かしく思いだしながら、今を楽しみたいと思います。
 

関連記事

2 Comments

Kumiko  

Mikenekoさんへ、

私の子供の頃にもハロウィーンはなかったのですが、ハワイで子育てを始めてからは、ハロウィーン含めて、こちらのイベントに、毎年思い出を作ってきました。逆に日本のイベントへの馴染みは、子供の頃の馴染みだけになってしまいました。

2008/10/31 (Fri) 22:11 | EDIT | REPLY |   

mikeneko  

思い出がたくさん!

それぞれの、イベントに思い出が沢山詰まっていますね。
Holloweenは今では日本でも当たり前?になているのようですが
私の子供のころはなかったので、
私にとっては馴染みのないイベントです。

Kumikoさんはきっと Holloween、クリスマスなどの
イベントごとに、お嬢様達の成長を感じられるのですね。
沢山、素敵な思い出があるのですね。

2008/10/31 (Fri) 20:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: 日々の出来事&思った事