一期一会 「今を大切に生きる」

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

ピピノラのおひたし

Pipinola

ヒロに住んでいる知り合いを空港まで送っていってあげるため、彼女の家までお迎えにいきました。まだ準備ができていなかったようで、待っている間に庭に植えている「ピピなんとか」を採りなさいと言って、新芽を「こうやって、こういうところを採って」と教えてくれました。

ファーマーズ・マーケットとかで見たことのあるものでした。でも買ったことはありませんでした。湯通ししてお好みの味付けにすると聞いたので、早速我が家に戻っておひたし風にしてみました。

Pipinola shoots with tomatoes

ツルのところは取り除いて、食べごろの大きさに切って、さっと湯通しして食べてみると少し甘みがありました。だしをきかせたお醤油をかけて混ぜ(我が家はアロハ醤油)、炒った胡麻をふりかけ、トマトを添えて出来上がり。 (フィッシュソースがあれば、それを加えるといいですね。)

追記:「ピピなんとか」というのは、調べてみるとハワイでは「ピピノラ」(pipinola)と呼ばれているもので、フィリピン語ではサヨーテ(sayote)、スペイン語ではチャヨテ(chayote)、日本語ではハヤトウリと呼ばれるウリ科のつる植物です。ハワイでは帰化植物です。pipinellaとも呼ぶそうです。今回新芽を採っているときに実が落ちていたので、ついでに持って帰ってきました。この洋ナシのような形をした緑色の実は、煮たり、蒸したり、炒めたり、揚げたり、オーブンで焼いたりして食べるそうです。おろしてサラダに入れることもできるそうです。大きなものは皮をむくそうです。今回持って帰ってきたものは芽がでてきているので、裏庭の隅っこのほうに植えておこうと思います。生い茂りすぎませんように。

Sechium edule

 

関連記事

4 Comments

Kumiko  

九ちゃんへ、

3年目でショボクレというのが面白い! ハヤトウリの実、ぜひ一度挑戦してみますね。

2009/07/09 (Thu) 06:02 | EDIT | REPLY |   

九ちゃん  

そうです!

日本では ”ハヤトウリ”と呼びますよ。
mami様もおっしゃるように2年目は健気倍増です。
3年目は、ショボクレか(^O^)無くなります。

胡瓜(キュウリ)よりも歯応えがあり大好きです(少しきめ細かさには欠けます)
特に好きなのは、細長に刻んで酢物に料理されたのが好きです。
どうぞご試食されてください。

2009/07/09 (Thu) 02:12 | EDIT | REPLY |   

Kumiko  

mamiさんへ、

裏庭の隅っこに、目が出始めたハヤトウリを置いています。きっと困るぐらい旺盛に成長しそうな気がします。

2009/07/05 (Sun) 09:35 | EDIT | REPLY |   

mami  

ハヤトウリで検索してみたら出てました。
2年ですごい巨大化した写真が出てましたよ(笑)
ハワイの植物は成長が早いので、
すぐに大きくなりそうな感じですね。

2009/07/04 (Sat) 13:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: レシピ