FC2ブログ

一期一会

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

The Ilusionist


2011年2月26日にホノカアの街を通りかかると、ピープルズ・シアターの看板に「The Illusionist」と書いてあるのに気づきました。私の大好きな映画のひとつのタイトルなのです。感動のあまりに、家に帰ってから相棒に、絶対に観に行きたいと伝えたところ、いつ上映されているかを調べてくれたみたいで、3月2日には時間に余裕があったので、その日に行くことに決定しました。とてもワクワクしました。
Honoka'a People's Theater

映画が始まるのが7時なので、ヒロを5時半ごろに出発して、ホノカアに着いたのは6時半ごろでした。シアターのドアはまだ閉まっていました。しばらく外で待ちました。

待っている間に、窓や壁に貼ってあるポスターなどを見ていたのですが、一緒にいた三女が、この映画、本当にあの映画?と聞くのです。なぜかというとポスターを見てみると、全く違った映画のようだったのです。
The Ticket Booth

そんなはずはないよと相棒が言うのです。彼はウェブサイトか何かで確認したつもりでいたからです。だけど、チケットカウンターで聞いてみると、やっぱり違っていたのです! あ~~~がっかり! わざわざ1時間もかけてドライブしてきたのに・・・ 
The Ticket Prices

でも、せっかく来たのだから、もうひとつの「The Illusionist」を観て帰ることにしました。チケットは大人6ドル、シニア4ドル、12歳以下の子供は3ドル。
The Inside of People's Theater

このシアターに入るのは、ホノカア・ボーイの映画を観に来て以来でした。この「The Illusionist」は私が観たいと思っていたものとは全く違った内容のアニメ映画だったのですが、とても心温まるいいストーリーでした。

私が観たかった「The Illusionist」は、DVDを借りて観ることにします。このラブ・ストーリーがたまらなく好きなんです。
The Illusionist



関連記事

2 Comments

Kumiko  

Kayoさんへ、

古いシアターはとても味がありますね。正面のドアが開いていなかったので、建物の横の窓の外から大きな声で「Hello!」(日本語風だと「すみませ~ん!」って感じ)で声をかけると、二階の窓から「もうすぐ開くからね」という返事があって、とてもほのぼのとした雰囲気でした。

2011/03/06 (Sun) 13:35 | EDIT | REPLY |   

kayo  

kumikoさん、おはようございます。
楽しみにしていた映画が違うものだったなんてがっかりだったでしょうけどアニメ映画もたまに見ると結構感激しますね☆それもいい機会だったのではないでしょうか。それにしても1時間でホノカアに行けるなんて羨ましいです!!大好きなホノカアボーイのシーンが次々蘇えってきます。このシアターの前に立ってみたい!中に入ってみたい!

2011/03/06 (Sun) 12:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: 日々の出来事&思った事