一期一会 「今を大切に生きる」

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

オーストリア: 2日目


Innsbruck


2007年6月30日、標高約1200mにあるショッピングだけでなく自然も楽しみました。色とりどりのワイルドフラワーが咲きほこる草原や湖の辺を散歩しました。植物を観察したり、ゼーフェルト(Seefeld)から谷間にあるインズブルク(Innsbruck)のヴィルテン・バシリカ(Wilten Basilica)という教会に行きました。教会内部のロココ装飾は息を呑むような美しさでした。色はピンク、白、金が多く、曲線が綺麗でとても繊細な美しさでした。ハワイから来た全員が教会に入ると、Hawaii Ambassadors of Musicの司会者のアロンがアベマリアを歌い、その後ハワイ・アロハを全員で歌いました。とても神聖な1日の始まりでした。

路面電車が走るインズブルクの街の建物はパステルカラーが多くて、とてもやさしい雰囲気でした。黄色いパラソルの下で食べたランチは、一口一口、ほっぺたが落ちるようなおいしさでした。1769年に当時13歳のヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが父とともに滞在したというWeisses Kreuzというホテルの前も歩きました。

午後はゼーフェルトを満喫しました。近くにあるお土産屋さんは、どれもこれもほしくなるようなものでいっぱいでした。カフェのウエイターが薦めてくれたAlmdudlerとうソーダに挑戦してみました。とてもおいしかったので、空き瓶をお土産としてハワイに持って帰ることにしました。カフェからホテルに戻る途中スーパーに行って探してみることにしました。自分では見つけることができなかったので、店員に聞いてみました。ドイツ語で挨拶をした後は、英語でしか話ができませんでしたが、空き瓶を見せてたずねました。まだ英語が話せなかったころのようでした。瓶入りのものはなかったですが、ペットボトル入りのものがあったので、それを買って、ハワイに持って帰ることにしました。

austria coots


バードウォッチングもしました
。どれもこれも生まれて初めて観るものばかり。湖の辺ではオオバンの親子をすぐ側で見ることができました。とても満足!

そしてコンサート。イギリス、フランス、スイス、そして今回オーストリア・・・4回目だけれど、何度観ても感動するコンサート。また泣いてしまいました。 夕食も抜群でした!

 

関連記事

2 Comments

Kumiko  

いえ、いえ、文才なんて、とんでもない。子供のころ、作文とかが苦手だった私です。それが今にも続いています。特にブログを書くようになってからは、表現力を養わなきゃなぁ、語彙を増やさなきゃなぁ・・・そうするには、もっと本を読まなきゃなぁ・・・などと考えています。

ハワイからのグループは、4つの島の、いくつもの学校の吹奏楽部から何名かづつ参加して、パズルを合わせるように結成したグループで、ヨーロッパに向かってホノルルを出発する直前に、初めて全員でリハーサルをしたというグループです。その団結力というかチーム精神というか・・・なにしろ、すばらしいんです。チャレンジを乗り越えてのグループです。演奏した曲の選択も抜群だったと思います。感動を盛り上げてくれました。

おいしい食べ物からの刺激って、いいですよね。

2007/07/07 (Sat) 22:57 | EDIT | REPLY |   

Terumi  

ヨーロッパ滞在中も毎日ブログの更新をされていたんですね!すばらしいです。
先ほど、全て読ませていただきました。
久美子さんは本当に文才があり、文章を読んでいると、なにか引き付けらるものがあり、鳥肌がたってしまう事が所々ありました。
イギリス、フランス、スイス、オーストリア。
何度観ても感動することができるコンサート。
素敵ですね。とても親心を感じます。
ほっぺたが落ちるようなおいしいランチ。。。
私も食べたーい!!

2007/07/01 (Sun) 17:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: 旅行記 ヨーロッパ7ヶ国 2007年