一期一会 「今を大切に生きる」

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

歯の矯正: 約1年経過

wires


これで何度目の調節になるんだろう・・・。

2010年10月18日に歯にブラケットとワイヤーを付けてもらってから、12月7日(1回目)、2011年1月18日(2回目)、3月7日(3回目) 、4月13日(4回目)、5月25日(5回目)、7月12日(6回目)、8月18日(7回目) 、9月26日(8回目)、11月1日(9回目)

もうこんなに何回も調節したんだ・・・。

3回目の調節の時にだったかな、奥まっていた歯にブラケットが付けられたのは。その後、見る見るうちに奥まっていた歯が前にでてきたのを覚えています。

一回だけ、冷たい飲み物を飲んだときに奥歯の一本が痛かったことがありました。そうれから1度耳がおかしかったことがあります。唾液を飲み込んでも耳が抜けなかったのです。歯の噛み合わせが変わってきていたときだったのでしょうね。

その後の調節は、いつもマイナーな感じで、痛みも泣く、違和感もなく、とても快適でした。5回目、6回目、7回目の調整では、上の前歯の何本かの間に紙やすりのようなものが入れられて、歯が少し削られました。調節後の違和感は全くありませんでした。

どの調節の時だったか忘れたけれど、いつもとは違うアシスタントの女性で、手つきがぎこちなく、いかにも新人なんだろうなという雰囲気があふれ出していました。先生に色々とアドバイスを受けながらやっていましたが、ブラケットからワイヤーを取り外すとき、ブラケットを一つ壊してしまいました。そのとき以来その人は見かけないのですが、私にとっては、その後今までの同じアシスタントの人にお世話になっているので安心です。

10/03/11 


8回目の調節では、上の前歯だけではなく、下の前歯の間も少し削られて、これまでよりも太いワイヤーになり、そのワイヤーにクリップという金具が4箇所に取り付けられました。益々口の中が金属で一杯になりました。そして今回の調節では、歯がぐっと閉められたような圧迫感があり、奥歯の噛み合わせが変わって噛み合わなくって、なんだか2回目の調節の時に戻ったような感じでした。だけど1週間もしないうちに、複数の歯が動いたようで再び噛み合わせが変わってきました。

この銀色にキラキラ輝く口中いっぱいの金属装置・・・(これは目立ちますよねえ。セラミックの見えにくいブラケットにすることも不可能ではなかったけれど、セラミックの装置は金属のものに比べて矯正の力をかけにくくて矯正にかかる期間が長くなってしまうこと、装置が壊れたり外れたりしやすいことなど、色んな点を比較してみた結果、見かけよりも、矯正期間を短くするほうを選んだので仕方ないですね。)その効果には大満足です。 みるみるうちに八重歯だった凸凹がなくなり、上の歯も下の歯もそれぞれきれいに並んでいます。
orthodontic elastics

9回目の調節では、噛み合わせを矯正するためのゴム(elastics, rubber bands)を左右それぞれ上下の犬歯にかけるようになりました。取り外してよいのは食事の時と歯ブラシの時だけ。取り付けたその日はとても違和感があり、歯に圧迫感を感じましたが、その次の日からは話しにくいだけで、平気です。

歯は上も下もそれぞれ列をなして弓を描いたようになっていますが、上下の前歯の間のラインはずれています。顎がずれているということなのでしょうね。それから右側の歯が上下で噛み合っていないので上下の歯の間に隙間があります。上下のブラケット間で引き伸ばされたこの小さな輪ゴムのようなものが縮もうとする力によって、噛み合わせの矯正を手助けしてくれるそうです。輪ゴムくんよ、ありがとう!

with rubber bands  

関連記事

2 Comments

Kumiko  

Violet's mamaさんへ、

もう1年も経ったなんてびっくりです。次の1年の経過が楽しみです。

2011/11/09 (Wed) 20:47 | EDIT | REPLY |   

Violet's mama  

こんにちは~

もう一年ですか、早いですね

あんな小さな輪ゴムで噛み合わせを矯正してくれるとは、輪ゴム様様!
私も矯正は夢なので、うらやましい限りです。

知人も矯正をしていてそろそろはずれるそうですよ。久美子さんももう少しの辛抱です!

2011/11/09 (Wed) 19:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: 歯の矯正