FC2ブログ

一期一会

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

ニューヨーク州、レイク・ジョージへの旅 (その1)

United Airlines from Hilo International Airport 


2012年8月13日、いよいよ相棒パトリックの故郷であるニューヨーク州北部に向かってヒロ空港を出発。相棒と3人の娘と一緒に彼の実家でクリスマスを過ごしたのは2004年だったと思う。あれからもう8年も経ったなんて・・・

今回の旅の理由は、相棒の一番したの弟の結婚式。

まずはヒロ国際空港を夜9時過ぎに出発する便でロサンジェルス国際空港へ、ロサンジェルス国際空港からシカゴ・オヘア国際空港へ。ロサンジェルス国際空港での乗り継ぎの時間はほとんどない状態でした。

国際空港・・・ヒロは国際線は入らないのだけれど・・・いちおう名前は国際空港・・・田舎なハワイ島ヒロのとてもローカルな空港とは程遠く、ロサンジェルスの空港もシカゴ・オヘアの空港も都会的的で近代的。

O'Hare International Airport


オヘア空港では時間に余裕があったので、ちょっと一息つくことができました。携帯電話の充電をしたり、メールをチェックしたり、写真を撮ったり・・・
Automatic Toilet Plastic Seat Covers at Chicago O'Hare International Airport 
ハワイでは見かけないタイプのトイレ。以前どこかでも使った覚えがうっすらとあるのだけど、あまりハワイから離れることがない私にとっては、とても目新しいもの。自動的にトイレのシートカバーが交換されるっていうタイプ。 田舎生活で、なおかつ外の世界をあまり見ていない田舎者なので、ちょっとした物にでも、感動するのです。得をしているのか、損をしているのか・・・

次にシカゴ・オヘア国際空港からニューヨーク州のオールバニ国際空港へ。オールバニはニューヨーク州の首都。


Kyle, Jeff, Lisetta, and Patrick

オールバニの空港に到着したのは翌日14日の夕方。出迎えてくれたのは、私よりも約1週間先に来ていた相棒と、ひとつ下のカイル、彼らのお父さんの従兄弟のジェフと奥さんのリセタ。8年ぶりの再会だったので、しばらく空港のラウンジで話に花を咲かせました。
Dunkin' Donuts Munchkins 

そこにはダンキンドーナッツがあったので、どうしても私が食べたかったものはコレ。マンチキン・・・コーヒーと一緒にいただきました。あ~、懐かしい。
Albany International Airport 

私はこのようなレンガ造りの建物が大好きです。あ~、アメリカ北東部に戻ってきたんだな~という雰囲気です。アメリカ北東部の空気、風、雰囲気・・・約8年ぶり。8年前のホワイト・クリスマスが懐かしく、26年ほど前にニューハンプシャー州に住んでいたころを懐かしく思います。 ハワイには帰りたくなかったそのころの私・・・だけど、ハワイの自然を知ってから、ハワイ島を離れたくなくなってしまった今の私。

ジェフとリセタと別れて、パトリックとカイルと私はレイク・ジョージへ向かってドライブ開始。
Amazingly Low Gasoline Price (Compared to Hawaii) 

ガソリンが安いことにびっくり!ハワイの物価に比べて、こちらの方の物価のほうがぐっと安いのは分かっていたけれど、こんなにも安いなんて・・・ハワイ島ヒロだと1ガロンにつき4ドル何十セントもするのに・・・
Dinner on the Arrival Day

ナーナことおばーちゃんと、お母さんのシーラ、お母さんのお友達のメリー、カイルと、結婚間際のデイルと夕食を食べました。ハワイ島ヒロを出発してから、どのフライトでもぐっすりと寝た私は全然疲れもなく、そして8年前からずっとここにいるような気もしました。お母さんのシーラは、ほぼ毎年ハワイに来るので、この前会ったのは、長女の潤が結婚した去年の夏。ナーナに会うのは何年ぶりかな、以前シーラと一緒にヒロに遊びに来てくれました。カイルとデイルは8年ぶり、メリーは初めて会うのだけれど、シーラやパトリックから長年メリーについて話を聞いていたし、メリーもシーラから私のことをよく聞いていたので、もうすでにお互いのことを知り尽くしているぐらい知っていて、お互い「やっと会えたね」と感動。
関連記事

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 旅行記 レイク・ジョージ 2012年