一期一会 「今を大切に生きる」

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

ニューヨーク州、レイク・ジョージへの旅 (その2)

 A Bird House 
2012年8月15日の朝、鳥たちの声が気になって、コーヒーを片手に、早速裏庭に向かいました。さわやかな朝。とても心地のよい朝。パトリックのお母さんシーラは、裏庭にたくさんバードハウスを置いています。主に飾りとしてなのだけど、とてもいい感じ。
In the Backyard 
8年前に来たのは真冬だったので、辺り一面真っ白な雪だったのだけど、このポーチに出て、そっと降ってくるくる雪が、雪の結晶で降ってきているのを見て感動したのを思い出しました。腕や肩についた雪の結晶がとても印象的だったのは今でも鮮明に覚えています。

Another Bird House

裏には大きな松の木がたくさん生えていて、その合間にはオークやツタなどが生えていて、あちこちから鳥の声が聞こえてきました。結構上のほうにいるからか、緑が茂っているからか、鳥の姿はなかなか見えませんでした。
Northern Cardinal from Wikipedia 
やっと見えたのは、ハワイにも持ち込まれているショウジョウコウカンチョウ(Northern Cardinal)。真っ赤なオスのショウジョウコウカンチョウは、声を聞いただけでも、ちらっと見えただけでも、すぐに分かりましたが、その他の鳥の声は聞いたことのない声でした。

今回愛用の双眼鏡と、シーラから何年か前のクリスマスにもらった鳥の本を持ってくるつもりだったのに、ヒロを出発する日にギリギリで荷造りをしたので、うっかりと忘れてしまいました。がっかり。

でも、パトリックが気を利かせて、ちゃんと本を2冊も買っておいてくれたので、とてもラッキーでした。シーラに双眼鏡を借りて、鳥を観察する気満々になりました。

色んな鳥の声の中でも、とても気になる声、それはとても不思議な声・・・あっ、ちらっと見えた、近づいてきた・・・パトリックがwookpecker(キツツキ)の声だというものだから、私は必死で目を凝らして、その動きを追いました。頭が赤い!うわっ、すごい、見えた!初めて見る鳥!
Male Red-bellied Woodpecker 
何というキツツキなのか知りたくて、パトリックにもらった本で調べてみるとRed-bellied Woodpeckerだということが分かりました。日本語ではシマセゲラと呼ぶそうです。名前のとおり縞模様の背中が綺麗です。英語の名前だと赤腹なのですが、お腹の赤い部分はほんの少しで、赤い頭のほうが印象的だからred-headed(赤い頭の)という名前のほうが適してるんではないかって感じでした。だけど本を見てみると別の種でRed-headed Woodpeckerという頭も顔も真っ赤なキツツキがいるようです。 

Birds Of New York: Field Guide
パトリックがくれた2冊の本のうちの1冊は、
  
Birds Of New York: Field Guide
(2005/03/15)
Stan Tekiela

この本の詳細を見る








Birds of the Adirondacks, A Field Guide 
もう一冊の本は、

Birds of the Adirondacks: A Field Guide
(1993/07)
Alan Bessette
William K. Chapman

この本の詳細を見る




ここレイク・ジョージは、というかアメリカ本土は、都会は別としても、いたるところに大自然があっていいなと思いました。住宅地でも、家の外には、そこの自然がある。当たり前のように思えるかもしれないけれど、ハワイでは当たり前ではないので寂しいな。だって、ハワイでは一部の場所を除いては、家の周りにある植物は外来種の植物ばかりだったり、見かける鳥も外来種といようなところがほとんどで、固有植物が生えているようなところでも、標高が低いところだと、見かける鳥たちは外来種の鳥ががほとんど・・・という状態。アメリカ本土だと、ハイウェイをドライブしていても、何キロも何キロも、そこにあるべき森林地帯が続いている・・・いいなあ。

レイク・ジョージという地名は、そこにある美しい湖「ジョージ湖」の名前で、この湖の南端にあるのがレイク・ジョージという町。

この日の午後は、この湖に行くために、家から車でちょっとドライブしたところで、車窓からカナダガン(Canada Goose)が見えました。
Canada Goose

関連記事

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 旅行記 レイク・ジョージ 2012年