FC2ブログ

一期一会

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

ニューヨーク州、レイク・ジョージへの旅 (その3)

 Rental Boat 

2012年8月15日、ジョージ湖でボートを借りました。子供のころから家族とジョージ湖でボートで楽しんで育ったパトリックたち、お父さんが亡くなってから何年か後に、家族のボートは売ってしまったのがとても残念そうで、この日は借りたボートで湖で数時間過ごしました。

パトリックがこのボートについて説明を聞いている間に、私はその辺りの自然を観察しました。猫のしっぽに似ているところから名付けられたCattails。日本語ではガマというのかな。ハワイでは外来植物。ハワイ島では見かけたことがないけれど、カウアイ島やオアフ島やマウイ島では帰化植物となって繁殖が進んでいるそう。


Cattailes 


そこにはカモが2羽いました。メスのマガモかな。ハワイだと持ち込まれたマガモがすごく増えいる一方、小柄なハワイ固有のカモが減少していっていて、それどころかマガモと交雑してハイブリッド(交雑したカモになってしまったものが増えてきています。

Ducks in Lake George
そんなことは、さておき、ボートの準備が終わり、いよいよ出発。湖をボートで楽しむのは私にとっては初体験だったので、とてもワクワク。
Lake George 
湖のほとりには、家が立ち並んでいます。昔は夏だけ利用する小さな家ばかりだったのに、今では豪邸がいっぱい増えていて、パトリックたちは昔のジョージ湖が恋しいそうです。 パトリックのおじいさんとおばあさんも湖のほとりに夏用の小さな家を持っていたので、子供のころ毎年夏には湖で遊んだそうです。
Picking up the ladies... 

途中で、ナーナ、シーラ、メリー、そしてシーラのご近所さんのジャニーンを、シーラのお友達のお家からピックアップ。いいなあ、こういうところでの生活・・・凍りつくような冬は長くて、夏は短いとはいえど、魅力的なライフスタイルだなあ。

Map of Lake George

ジョージ湖は、こんなに長い湖で、私たちがボートでまわったのは南半分ぐらいです。ボートのキャプテンは、パトリックとカイルが交代で。現在香港を拠点に世界中を飛行機のキャプテンとして飛び回っているカイルは、香港ではベッドルームやキッチンやバスルームがある船で生活をしている・・・そんなライフスタイルもおもしろそう・・・
Captain Kyle 
私は今回始めて湖で泳ぎました。湖の水はそんなにも冷たくなかったです。強い日差しで体が熱くなっていたので、水の中に入ると気持ちよかったです。ところどころ冷たい湧き水が湖の底から出てきていました。パトリックたちは子供のころ、おじいさんとおばあさんの家の蛇口から出てくる水は、この湖の水だったそうで、その水を飲んでいたそうです。
Swimming in Lake George
あちこちにカモメが飛んでいました。たぶんRing-billed Gull(クロワカモメ)。アビもいました。たぶんCommon Loon(ハシグロアビ)。サギもいました。たぶんGreat Blue Heron(オオアオサギ)。さっと進んでいくボードから観ていたので、しっかりと観察することができなかった。
Flying Gull 
そろそろお腹がすいたので、ランチを買いにレイク・ジョージ・ビレッジへ。そしてトイレにも。ここは観光客でいっぱい。カナダから来る人たちも多いみたい。
Lake George Village
ランチにはホットドッグ。ボートに持ち帰って食べました。ビレッジから観光客をたくさん乗せてクルージングいるこんな船もありました。
Lake George Boat Cruise

とても素敵な1日でした。なんだかRich and Famousな気分でした。(全然そうではないのだけれど、雰囲気だけはね)
名残惜しいけれどボートを返して家に戻る時間になりました。こういうところに住んでもいいなぁ・・・と口に何回も出してみると、パトリックは即ダメ、冬は雪だらけだからという答えでした。
Traffic Lights in Lake George

帰り道、途中立ち寄った小さなお店の側の信号・・・雪国の縦型信号。電線からブラブラとぶら下がっているタイプ。ハワイ島ヒロは雪なんて降らないのに信号は縦型。


関連記事

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 旅行記 レイク・ジョージ 2012年