一期一会 「今を大切に生きる」

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

夢を追うこと

すばる望遠鏡計画の推進者であり、元国立天文台台長でもある小平桂一先生と奥様のウタさんにお会いできる機会ができました。小平先生は、大きな夢を持って、その夢を追って努力された方です。 小平先生の本をここで紹介したいと思います。夢を持つことと、夢を追うことの大切さが伝わってくる本です。努力とは夢のある苦労のことだと、どこかで読んだことがあるのですが、まさにそれだなと思います。

今回、小平先生と奥様とお会いすることができたのは、すばる望遠鏡を建設するために活躍なさった天文学者、成相恭二先生のおかげです。成相先生は、マウナケア山での環境調査から始まり、建設、そして観測所の立ち上げ作業にいたり、6年間ハワイ島ヒロで重要なお仕事をなさった先生です。この出会いに心より感謝しています。


宇宙の果てまで


宇宙の果てまで―すばる大望遠鏡プロェクト20年の軌跡 (2006/05) 小平 桂一

この本の詳細を見る 






大望遠鏡「すばる」誕生物語―星空にかけた夢 (ノンフィクション知られざる世界)


大望遠鏡「すばる」誕生物語―星空にかけた夢 (ノンフィクション知られざる世界)
(2000/01) 小平 桂一

この本の詳細を見る


 



ポジティブな波動を伝えるために、ゆったり・のんびりとしたハワイ島東海岸のヒロよりアロハをこめて発信しています。
関連記事

0 Comments

Leave a comment

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  
  • 205m)にある日本の国立天文台の大型光学赤外線望遠鏡である。概要1999年1月ファーストライト(試験観測開始)。建設総額は400億円。シ
  • 2007.10.22 (Mon) 16:11 | 望遠鏡の知識

You may also like

Category: お勧めの本やDVD