一期一会 「今を大切に生きる」

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

五観の偈(ごかんのげ) Verse of Five Contemplations

精進料理をいただく機会ができ、禅宗において食事前に唱えられる五観の偈(ごかんのげ) という、僧侶の食事作法があるということを学びました。

VERSE OF THE FIVE CONTEMPLATIONS
from the Soto Zen School  


一つには 功の多少を計り、彼の来処を量る。
(ひとつには こうのたしょうをはかり、 かのらいしょをはかる。)
We reflect on the effort that brought us this food and consider how it comes to us.
この食事がどうしてできたかを考え、食事が調うまでの多くの人々の働きに感謝をいたします。

二つには 己が徳行の、全欠を忖って供に応ず。
(ふたつには おのれがとくぎょうの、ぜんけつ「と」はかってくにおうず。)
We reflect on our virtue and practice, and whether we are worthy of this offering.
自分の行いが、この食を頂くに価するものであるかどうか反省します。

三つには 心を防ぎ過を離るることは、貪等を宗とす。
(みつには  しんをふせぎとがをはなるることは、とんとうをしゅうとす。)
We regard it as essential to free ourselves of excesses such as greed.
心を正しく保ち、あやまった行いを避けるために、貪など三つの過ちを持たないことを誓います。

四つには 正に良薬を事とするは、形枯を療ぜんが為なり。
(よつには まさにりょうやくをこととするは、ぎょうこをりょうぜんがためなり。)
We regard this food as good medicine to sustain our life.
食とは良薬なのであり、身体をやしない、正しい健康を得るために頂くのです。

五つには 成道の為の故に、今此の食を受く。
(いつつには じょうどうのためのゆえに、いまこのじきをうく。)
For the sake of enlightenment, we now receive this food.
今この食事を頂くのは、己の道を成し遂げるためです。

関連記事

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 心に響く言葉