一期一会 「今を大切に生きる」

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

八大人覚 The Eightfold Awakening of a Great Human Being

IMG_3848 (1)

八大人覚(はちだいにんがく)
The Eightfold Awakening of a Great Human Being

大人(だいにん)は 仏や菩薩のこと、 円満な人格者。
大人が覚知するべき八種の法門。

1.「少欲(しょうよく)」
まだ手に入れていない五欲(眼 耳 鼻 舌 身に由来する欲)のものの中で、必要以上の欲望を燃え立たせない。 欲を追い求めすぎると破滅します。必要かそうでないかを見極める正しいまなざしを持って欲望をコントロールする。
Wanting little. Having few desires. Not seeking too much among the objects of the five desires. The desires that arise from the contact of the five sense organs (eyes, ears, nose, tongue, and body) with their respective objects (color and form, sound, smell, taste, and texture). The desires for wealth, sexual love, food and drink, fame, and sleep.

2.「知足(ちそく)」
すでに手に入れたものの中で、足るを知ること。現在ある自分自身と、自分自身が置かれた環境を、深く慈 しむこと。
Being content. Knowing how to be satisfied. Knowing how much to take.

3.「楽寂静(ぎょうじゃくじょう)」
時には騒がしさを離れ、静かな所へ行って、一人の静かな時間を楽しむ。
Enjoying serenity and tranquility: Being apart from all disturbances and dwelling alone in a quiet place..

4.「勤精進(ごんしょうじん)」
日々努力を重ねること。やりたいことを一つにしぼり一歩一歩進んでいく。
Persisting. Exerting meticulous effort: Exerting oneself meticulously and unceasingly in various beneficial practices. Be precise, not careless; go forward, do not regress.

5. 「不妄念(ふもうねん)」
心清らかに、むさぼらず、邪心・猜疑心を持たない純粋な気持ちを忘れないこと。
Not losing mindfulness. Not forgetting right thought: Maintaining right thought.

6. 「修禅定(しゅぜんじょう)」
不忘念を忘れないためには、いつも心が安定していなければいけない。そのために念仏や坐禅を行い、禅定に達する。
If one achieves stillness, balance, stability, then the mind does not scatter. Practicing Samadhi: Dwelling in the Dharma undisturbed.

7. 「修智慧(しゅちえ)」
自分の心の働きとこの世界を、かたよらず、こだわらず、とらわれずに観る智慧を持ち、それを育むことです。聞いたことを、よく自分で考えて、実行していく。
Cultivating wisdom. Wisdom is aroused by hearing, reflecting, practicing, and realizing.

8.「不戯論(ふけろん)」
戯論とは、無意味な言葉や議論のこと。 限りある命を無意味な議論に費やさないこと。無駄な言葉を慎み、沈黙を守ることです。
Not being wordy. Avoiding idle talk. Having realization and being free from discrimination i. To totally know the true form of all things is the same as being without idle talk.

関連記事

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 心に響く言葉