一期一会 「今を大切に生きる」

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

「種子骨炎」

IMG_3666 (1)


先週のある日、朝起きてベッドから降りると、右足の親指の付け根が痛くて、理由がわからず、寝違えたのだろうかと思っていたら、何時間経っても治らず、歩くと痛く、びっこを引いてでないと歩けなかったです。その痛みは強くなり、特にその夜、お風呂に入ったのは大きな間違いでした・・・横になっていても痛かったです。翌日にはお医者さんに診てもらいました。レントゲンは異常なし、血液検査も異常なし。アイシングと抗炎症薬を飲むとなおりました。

色々と調べていたら、どうやら種子骨炎か、またはその周辺の炎症だったのではないかと思います。ゴマの種のように小さな骨だから、英語ではsesamoid bonesというそうです。そんな小さな骨があるなんて知らなかったです。

種子骨から直接ついて着地してしまった場合に起きることがあると書いてあるサイトがあったので、思い起こしてみると、ベッドのマットレスがずれていて、ベッドのフレームに足を置いて前身の体重をかけてベッドに上がったので、それからきたのかもしれないです。いつもと違うことをしたのはそれだけなので・・・

あんなに足が痛くなったのは初めてでした。痛風なのかと思ってしまいました。
関連記事

4 Comments

Kumiko  

はんさん、アーユルヴェーダについては、よく知らないので、ヨーグルトが関節にあまりよくないということも知らなかったです。ヨーグルトはたまにしか食べないのですが、とても参考になる情報ですね。ありがとうございます。逆に関節によいものをご存知でしたら、ぜひ教えてくださいね。よろしくお願いします!

2016/04/18 (Mon) 01:28 | EDIT | REPLY |   

Kumiko  

koanianiさん、そうなんです、よく歩く仕事なので、足が痛いと仕事ができないので困りますよね。このことがあってから歩き方とかも考えるようになりましたよ。今まで何も考えずに歩いていましたが、靴のタイプだとか、足の使い方が気になるようになりました。

2016/04/18 (Mon) 01:24 | EDIT | REPLY |   

はんさん  

今回の事とは関係ないかもしれませんが。
また、ご存知で余計なお世話でしたら、本当にすみません。

ヨーガをされているので、いろいろご存知かもしれませんし、一概には言えないのですが。。

アーユルヴェーダではヨーグルトは関節にあまりよくないといわれているようです。
直感的になんとなく思ったのです。
どうぞお大事にして下さいね。

「胃腸できちんと消化されないと、ヨーグルトはアーマになります。
アーマは体を詰まらせて代謝を下げ、病気のもとをつくります。
ヨーグルトによるアーマは、とくに首から下の関節に溜まる傾向が強いので、
関節の機能がうまく働かなくなり、
関節の病気、たとえばリウマチなどになる危険性もあります。」

とのことです。

2016/04/16 (Sat) 15:10 | EDIT | REPLY |   

koaniani  

久美子さん
こんにちは♪

種子骨の存在、初めて知りました。
痛みや何か症状があっても、原因、病名がわかると安心?できますが、それらが不明だと、不安になりますよね。
久美子さんはお仕事柄、たくさん歩かれるでしょうから、足のケア大事ですね。

2016/04/16 (Sat) 14:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: 日々の出来事&思った事