FC2ブログ

一期一会

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

2016年の乳がん検診

IMG_3762.jpg

2012年にマンモグラフィーで、左の胸に集ぞく性(with grouped or clustered distribution)の微細線状石灰化(fine linear calcifications)が見つかって、5月にステレオタクティック生検(stereotactic biopsy)で、非浸潤性小葉がん(lobular carcinoma in-situ )、 石灰化を伴う異型乳管過形成(atypical ductal hyperplasia with associated microcalcifications )、石灰化を伴う線維嚢胞状変化(fibrocystic changes with associated microcalcifications )が見つかりした。念のために受けた切開生検(surgical biopsy)では、異状なしでした。

その後、2013年1月には左の胸だけマンモグラフィーを受けて異状なし、2013年、2014年、2015年は毎年6月に両サイドの胸にマンモグラフィーを受けて異状なし。ところが、マンモグラフィーを受けた施設から、2014年6月30日から2015年8月24日までに行われたマンモグラフィーの結果は正常でない可能性があるという通知が届きました。今年の3月にです。これまで毎回利用していたハワイ島ヒロにある施設なのですが、検査機器2つのうちの1つが米国放射線学会の基準を満たしていなかったということで、1年に1度の認定の更新ができなかったというのです。ハワイ島コナの施設まで行ってマンモグラフィーを受けなおしてくださいとのことでした。

別件ですが、2015年7月には、婦人科のお医者さんも変えました。長年ヒロのお医者さんに診てもらっていましたが、余りにも待ち時間が長く、余りにも親身でないので・・・。 ハワイ島ワイメアのお医者さんです。こんなに親身なお医者さんは初めて!!!と感動しました。感動のあまり涙が出たぐらいです。ハワイ島はお医者さん不足という問題と、お医者さんの質が・・・・???という問題があります。良い医療設備やお医者さんは、やっぱりオアフ島ホノルルに集中しているのですね。

マンモグラフィーに関しは、結局、2015年の受け直しができていないまま、今年の検診の時期になってしまいました。婦人科のお医者さんに、オアフ島ホノルルのKapiolani Women's CenterのHigh-risk Breast Programを紹介してもらい、たまたま良いタイミングで、ハワイ島ヒロの出張診療所のようなところで面接を受けました。極度に高密度 (Extremely dense)な乳房であるし、過去に非浸潤性小葉がん(lobular carcinoma in-situ )が見つかているので、私は「乳がんリスクが高い」分類に入り、このプログラムを通して検査を受けることが可能となり、マンモグラフィーとトモシンセシス、そしてMRIを受けることになりました。MRIはハワイ島ヒロでも可能だけど、トモシンセシスはハワイ島では受けることができません。なので、またオアフ島ホノルルへ行ってきました。

IMG_3707.jpg


MRIは、生理が始まってから6日目から12日目までの間に受けるのが理想的なので、決まった日にちは、8月15日にトモシンセシス(tomosynthesis)、8月16日にMRIでした。さすが、どちらもマンモグラィーよりも感度が高い!だけあって、見つかりました!嬉しいわけでないけれど・・・。トモシンセシスでは石灰化。この時点ですでに、生検が必要という判断。MRIでも何かが映っていました。

2012年は、ステレオタクティック生検(stereotactic biopsy)と切開生検(surgical biopsy)を受けましたが、今回は、マンモグラフィーで乳房をぎゅっとプレスすると厚みがなさすぎる場合には、ステレオタクティック生検(stereotactic biopsy)は適切でないと言われました。なので今回は一気に切開生検(surgical biopsy)のみ。超音波検査(ultrasound)も受けておきましょうということで、8月16日には追加で超音波検査も受けました。でも、テクニシャンがこれでもか、これでもか、というぐらいに探して探しまくったけれど、何も映りませんでした。専門医にバトンタッチしても何も映りませんでした。不思議。超音波で何か映ったら、超音波ガイドで切開生検だったのですが、結局MRIガイドでの切開生検となります。10月19日の予定です。

オアフ島ホノルルに行くと、また長女と三女にも会えるし、孫たちにも会えるので、楽しみです。 それからなんといっても、dim sum(飲茶)と、Chinese hot pot(中華しゃぶしゃぶ)が食べられる!!!!!

IMG_3751.jpg


2012年の検診でひっかかって生検を受けたときは、すべでが初めてのことだったので、かなり心配でしたが、今回は2度目なので、比較的冷静です。それから、前回と違うことは、今は瞑想やヨガをやっていること。これは精神的に大きな効果があります!
関連記事

2 Comments

Kumiko  

To koanianiさん

こんにちは~。そうなんです。あれからもう4年経ったんですよね。前回はすごく不安でしたよ。今回は「またか~」って感じで度胸が据わっていますよ。生検の結果が良くなければ、そのあとは不安になると思いますが、それまではまだ大丈夫。4年前は私のことを知った叔母(母の妹)が、自分自身の胸を触ってみたら、大きめのしこりがあったんです。それが癌だと診断されて、片方の胸を全摘しました。叔母はずっと検診を受けていなかったみたいだし、触診もしていなかったみたい。母も検診を全く受けてないです。受けない人は結構たくさんいるんでしょうね。

2016/09/30 (Fri) 20:48 | EDIT | REPLY |   

koaniani  

久美子さん こんにちは🌰

オハフ島で切開生検… もう 4年前も経つのですね。
確か、不安な時間をパートナーさんと車の中過ごされたって… 私の記憶違いかしら?
今回はお孫さん達に会えるので、少しは不安 な気持ち、紛れられていらっしゃるかしら?

私は、マンモグラフィーが苦手で、乳癌検査パスしていました。
来年は、受けます。(久美子さんの力を借りました。笑)



2016/09/30 (Fri) 12:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: 乳がん検診