FC2ブログ

一期一会

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

2016年、切開生検

IMG_0986.jpg

今年8月半ばに乳がん検診で左の乳房がひっかかってから約2か月後になってしまいましたが、今月、切開生検(surgical biopsy)を受けました。

4年前の切開生検のときとは異なり、今回は、術後の感染症防止のために、生検の5日前から、朝晩1 日 2 回、ムピロシン軟膏(Mupirocin 2% ointment)を鼻腔に塗り、3日前から毎晩、クロルヘキシジン(Chlorhexidine 4% )で、上半身を洗いました。前回は、そのような指示は受けなかったです。手順(正しい用語かな?プロトコール?)が変わったみたい。

10月4日
ハワイ島ヒロで、血液検査、胸部レントゲン

10月6日
ハワイ島ヒロの主治医による、術前の身体検査、心電図検査(Elektrokardiogramm, EKG)

10月17日
ハワイ島ヒロからオアフ島ホノルルに向かって出発。

10月18日
外科医との術前のアポ。8月に受けたマンモグラフィー・トモシンセシスとMRIの結果についてや、どのような切開生検になるのか詳しく話を聞く。

10月19日
午前6時に病院に到着・チェックイン。色々と準備、待機。
しこりは触感で見つけられないサイズなので、ワイヤー・ローカリゼーション(wire-localization)で、2か所に細く長いワイヤーが胸に差し込まれる。1か所はMRIでのガイディング、もう一か所はマンモグラフィーでのガイディングで。MRIの時は、うつ伏せになっているので、途中何回かウトウトしてしまった。だけど、8月のときよりも、今回は大きくなってますと言われた。マンモグラフィーのほうは、立った状態での、不自然な姿勢だし、痛いし、少し泣いてしまった。
午前10時半ごろに、手術、切開生検。全身麻酔だから快適。手術室に向かう途中までしか記憶にない。麻酔が覚めてきて、しばらくしてからジュースをいただき、満足。
午後1時頃にチェックアウト。前の日の夜から何も食べていないので空腹状態。食欲十分にあり。4年前と同じく、シーフード・フォーを食べる。大満足。
夕方も夜も、麻酔が切れてきても、痛みはほとんどなし。
 
10月20日
午後1時に、外科医に患部(?)を見てもらう。4年前に切ったところ(ほとんど目立たない)の数センチ上に、新たな5センチの長さの切り口。これはマンモグラフィーで石灰化見えたところ(乳首から数センチ左)の真上、乳首の数センチ上の方のMRIで見えた部分は、同じ切り口から届かせたそう。切り口は少し赤くなっていて、周辺は多少腫れて固かった。痛みはほとんどなし。正式な結果はまだ出ていないけれど、ガンではないと言われた。
この日からシャワーに入ってもよし。腕や肩を動かしてリハビリ開始。

10月21日
ハワイ島ヒロへ戻る

10月22日の夕がたに仕事に復帰。25日の朝に仕事終了。


FullSizeRender_2016102715074725a.jpg

10月26日(今日)からマウイ島で休暇。30日にヒロに戻るまで、気分転換。今朝からは、普通のスポーツブラを使い始めました。それまでは、この写真のPost-Surgical Breast Binder。これは、しっかりと乳房を支えてくれるのでとても安心です。夜寝るときには、後1週間ぐらいこれを使うつもりです。

そして今日、生検の結果が届きました。

A. Left breast MRI mass, site A:
Breast tissue with benign non-proliferative fibrocystic changes
  良性非増殖性、乳房の線維嚢胞状変化

B. Left breast microcalcifications, site B
1. Atypical lobular hyperplasma
   異型小葉過形成
2. Benign fibrocystic changes with mild ductal epithelial hyperplasia, usual type
   軽い乳管上皮細胞過形成を伴う、良性乳房の線維嚢胞状変化、通常型
3. Microcalcifications identified
   石灰化
  
C. Additional left breast, upper mass
Mild ductal epithelial hyperplasia, usual type
  軽い乳管上皮細胞過形成、通常型

次は半年後に検診。乳がんになる確率を低くする特殊な薬があるそうなので、それについての相談のためのアポもとらなくっちゃ。

家族全員が色んな面でサポートしてくれたので、とてもありあたいです。
関連記事

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 乳がん検診