一期一会 「今を大切に生きる」

生まれてきたことに感謝、生きていることに感謝、一生に一度限りの今に感謝。

乳がん検診

o0640048013924202442.jpg

2016年10月に左の乳房の切開生検(surgical biopsy)から半年後の、マンモグラフィー・トモシンセシス(左だけ)とMRI(両方)を受けました。結果は異常なしでした。

今回、ハワイ島ヒロからオアフ島ホノルルまでのフライトで、たまたま隣に座っていたのは、以前我が家に見積もりのために来てくれた大工さんでした。彼もホノルルにMRIを受けに行くんだといっていました。この不思議な偶然さにびっくり。

今回も、前回と同じ病院(Kapiolani Medical Center for Women and Children)で検査を受ける予定でしたが、前の日にMRIの故障があったという連絡を受け、別の病院(Pali Momi Medical Center)で受けることになり、マンモグラフィー・トモシンセシスは、当日になってから、予約の手違いがあったことが分かり、結局これもそちらで受けることになりました。バタバタしたけれど、きっと、何か良い理由があって、このように変わったのだろうと思います。何となく何か不思議な感じ。

建物の1階の壁には、素敵な蝶がたくさんありました。この病院に寄付をした人たちの名前が書かれていました。とてもありがたいことです。

o0640048013924203053.jpg

そこには、"If nothing ever changed, there'd be no butterflies." と書かれていました。緊張して落ち着かないとき、英語では I have butterflies in my stomach.(お腹の中に蝶がいる)と表現するので、「もし何にも変化が起きないなら、蝶もいない。」ことになる。何事も変化があって当然、それによって、心が落ち着かないこともあるけれど、ポジティブ思考で対応しましょうということ。とても素敵な表現。

o0640048013928039741.jpg

MRIでは、過去2回の生検の傷跡のところに可愛いテープが張られました。ヒロに帰ってきてからシャワーを浴びるとき脱衣したら、まだ張られたままだったので、長さを図ってみました。今服用しているタモクシフェンという薬の効果で、再発がないことを願いつつ、日々の医学の進歩に感謝。
関連記事

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 日々の出来事&思った事